障害のある方とご家族が、府中の街で、もっともっとくらしやすくなるようお手伝いします。
 「み〜な」は、みんなの「み」、未来の「み」、南町の「み」。みんなの力になれるといいな。という意味で、名付けました。キャラクターは支援の支の文字を象っています。名前とキャラクターは、市内の障害をもつ方やその仲間から募集し、選んでもらいました。名前のとおり、みんなの力になれるよう、一緒に考えていきます。何でもご相談ください。

  「み〜な」はこんなとき利用できます!!

@総合相談
 〜 たとえばこんなときに 〜
  ・生活や仕事などについての悩みごと
  ・将来のこと、やってみたいこと不安などの相談
  ・制度やサービスのくみたて、手続きのお手伝い
  ・障害基礎年金や手当てなどの申請のお手伝い
  ・サービス利用などのケアマネジメント
  ・障害程度区分認定調査(市より委託)
☆障害者の当事者相談(ピアカウンセリング)
  視覚障害者・肢体不自由者・聴覚障害者
 

☆専門相談
  理学療法士・作業療法士・医師・心理士など
 
A就労支援(登録制)
 障害のある方の「働く」を支援します。おおむね18歳以上の
 働いている方・働きたいと思っている方が対象です。
 〜詳しくは「就労支援のご案内」をご覧ください〜
 
B講座・講習・相談会・イベントなど(地域活動支援センター)
 月ごとに計画します。お問合せください。「広報ふちゅう」にも
 掲載しています。
 例えば…
  ・パソコン、中途視覚障害、サマークラブ、仲間づくりなどの
   講座や懇談会
  ・制度やサービスについての勉強会・相談会
  ・ミニコンサート、講演会などの地域交流
  ・小中学生対象に、障害について理解を深める講座など

 
C関係機関の支援
 連絡調整会議・ケースカンファレンス・関係職員研修会等の開催、関係機関からの相談支援
 
D緊急一時入所(登録制)
 介護者の病気・冠婚葬祭・事故等で、家庭での生活が一時的に困難な場合、利用できます。
 
<府中市の独自事業です>
※ 詳しくは「緊急一時入所」のご案内」をごらんください。
 
・定   員: 宿泊利用2人  日帰り利用2人
・利用方法: 登録制
(登録窓口は市役所・
   府中市立心身障害者福祉センター)
・利用日数: 要件に応じ、必要jな日数・時間。
日帰り〜6泊7日。
緊急一時入所スペースの写真
・介 護 人 : 派遣ヘルパー
・費   用: ・食費や外出に伴う本人と介護人の交通費等の実費
・自立支援法に準じた利用者負担
※レスパイト(介護者の休養)利用の場合は、15歳から。年間4日(宿泊を伴う場合は2泊)まで。



直線上に配置